女性が筋トレをするときは遅筋を鍛えることが大切

女性が筋トレをするときは遅筋を鍛えることが大切

女性がダイエットをする時には、食事制限や運動、サプリメントを使用するなど、色んな方法がありますよね。

 

そして、引き締めるという面から言えば、筋トレをするのがとても効果的です。ですが、女性が筋トレをやる場合には、ある点を気を付けてやらないと全く効果が出ません。そこで今回は、女性が筋トレで気を付けるべき2つのことをご紹介したいと思います。まず1つ目は、筋トレを速くやりすぎない、重いものでやりすぎないことです。筋肉には、速筋という瞬発的かつ力強い特徴のある大きい筋肉と、遅筋という持久力のある細くて小さい筋肉の2種類があります。

 

イメージをして頂ければ分かると思いますが、女性が引き締め効果を得るためには、この2つのうち、小さい筋肉である遅筋の方を鍛えることが大切です。ちなみに、男性が身体を大きくしたいという場合は、大きい筋肉である速筋を鍛えなければなりません。最初に、速くやりすぎない、重いものをやりすぎないと言いましたが、これをやってしまうと速筋を鍛えることになってしまうのです。

 

なので女性は、腹筋や背筋などの場合はゆっくりじっくりと行い、ダンベルなどの器具を使う場合は軽い重さでゆっくりやることが大切です。速く行ったり重いもので行ったりするよりも、ゆっくりやったほうがじんわりと効いてくる感じがしますし、しかも辛さを感じづらいので三日坊主にもなりづらいです!そして2つ目に気を付けることは、空腹の時には筋トレをやらないということです。

 

女性の場合は食事制限を行っていて、空腹の方が効果がありそうかなと思いがちかと思われますが、実は違うんです。空腹の時には、エネルギーとして使えるものがお腹の中にないので、筋肉を使ってしまおうとしてしまいます。筋トレで身体を引き締めたいはずなのに、引き締める役割をする筋肉がなくなってしまって本末転倒です。

 

なので、筋トレをする前には、バナナやウィダーインゼリーなど軽めのものを摂取してから行うようにしましょう。ただし、沢山食べてしまってからすぐに筋トレを行うと消化不良を起こしてしまうので、筋トレ前に食べるのは少量にしましょう。いかがでしたか。2つのうち、特に1つ目は女性にとってはとても重要なので、筋トレを行う際には十分気を付けてもらいたいものです。2つのことを意識しながら、引き締まった美ボディを手に入れていきましょう!