加齢臭と呼ばれる匂いはアポクリン汗腺から皮脂などが多く分泌されることが原因

加齢臭と呼ばれる匂いはアポクリン汗腺から皮脂などが多く分泌されることが原因

体臭というのは老若男女と幅広い方が気にしているものだと思います。若いころは普段は特に体臭はしないことが多いですが、運動後のすっぱいような汗の独特の匂いが気になり制汗剤を利用していたのではないかと思います。

 

年齢を重ねていくと加齢臭と呼ばれる、何もしていないのに油っぽい匂いがしてきてくるものです。朝起きたときの枕からや顔をぬぐったハンカチなどで体感している方もいらっしゃると思います。

 

ではなぜ、若いころはなかったのに歳を重ねると加齢臭がでてくるのか、体臭とは何かのご説明をいたします。

 

そもそも体臭とは、若いころも加齢臭も汗が原因です。ですが実は汗自体は無臭なんです。どういうことなの?と思われるかもしれませんが、人の汗というのは基本的に体温を調節するために体内から分泌される水分でありその99%はただの水です。

 

汗は全身にある汗腺というところから分泌されるのですが汗腺にはエクリン線とアポクリン線という二つがあります。このアポクリン線は汗の中に皮脂が混ざって分泌されます。皮脂目当てに雑菌が繁殖することで無臭だった汗は、皮脂の独特の匂いと雑菌による匂いが混ざり体臭となります。

 

雑菌の種類や皮脂などは個人差があるため体臭に個人差が出てきます。

 

加齢臭と呼ばれる匂いは、アポクリン汗腺から皮脂などが多く分泌されることが原因です。雑菌の繁殖と発酵に加えて分泌された脂肪酸の酸化が主な匂いの元になっています。このことから加齢臭は脂っぽい匂いになのです。

 

この加齢臭を抑えるには、アポクリン汗腺がある脇、陰部や耳の周り頭と背中に雑菌を繁殖させないように清潔に保つ。お風呂の時にこの個所を注意して洗ってください。

 

また汗をかいたときはなるべく濡れタオルで拭くようにすることが大切です。乾いたハンカチなどで汗をぬぐってしまうと、体が汗が足りないと勘違いしてさらに汗をかいてしまいます。

 

加齢臭は歳とともにどうしても出てきてしまうものですから、なるべく匂いの元を少なくするようにすることで押えましょう。