たとえ合コンでも会話が気持ちよく続く人は結婚も視野に。

たとえ合コンでも会話が気持ちよく続く人は結婚も視野に。

この男は勘弁してほしい!と言う男性を見た事ありますか?

 

この女は勘弁してほしい!と言う女性を見た事ありますか?多分誰しも、一人は見かけた事があると思います。そういう男性・女性の共通点は大概「やりすぎ」か「自分の世界」の人が多いのです。「やりすぎ」の人はフォローしようとしても、出来ない無力感を相手に与えるし、「自分の世界」の人は全くフォロー仕方がわからない。

 

 

たとえちょっと好みのタイプでも、やはり突っ込み所がどこにあるのかわからない相手には、どうする事も出来ないものです。なので、合コン等の人の集まる場所で出会いを求めて、異性にアピールするなら「普通」なアピールが一番です。具体的に言うならば、女性と会話している最中に、女性からうまく乗せられて、自己PRを初めてしまう男性はNGです。どんなに褒められて、持ち上げられても、それに乗っからずに、同じような内容で女性側をほめて、女性側の話しを聞き出すのがモテる戦略なります。

 

 

リアルな会話だと。「筋肉質でいい体格してますね。」と言われると男性は大概「高校の時、バスケットボールをしていました。」などと話します。それでダメなパターンは「大学に行ってからは、いい体だからと勧誘されましてね。バスケットボールの名門の大学だったんですが、選手としてきて欲しいと言われて云々。」これでは女性は、単に社交辞令で褒めたのに、自分の喋る場がなくなります。

 

 

ただ聞くだけほど、面白くない事はありません。孤独感が強い今の時代、自分の話しを真面目に聞いてくれる人ほど、貴重な人間は居ません。そして今も昔も、自分の話を聞いてくれる人ほど、自分に興味を持っていてくれると感じるものです。そして、一番重要なのがここから。

 

 

 

あなたが聞く側に回ろうとしてくれる意図に、気づくような男性・または女性。延々と聞かせられる、または延々と聞く側に回るようなら、あなたとは気が合わないという事できっぱりと、諦める決断力も必要です。あなたが、ウンザリしている様子に気が付いて、あなたに話を振るようなら、その人はあなたとのお付き合いの可能性大です。

 

 

なぜなら、もしも結婚まで行った時に、話し合いが出来る男性・女性はとても将来性があるからです。結婚してから辛い事や、悲しい事を相談できないパートナーなら、正直結婚しても独り辛い思いをするのが落ちです。けれども、合コンや結婚相談所などの出会いの場ですら、話し合いが成立して、自分の様子を会話中にも見てくれているような人なら、結婚しても相談が出来て力になってくれる可能性があるからです。"